トップ

医師が行う研究の発表

学会での医師の業務

専門医

学会で医師が主に行う事とは

学会で医師が行うことは様々ありますが、例えば研究分野の論文作成、その後の発表などがあります。論文の作成は一朝一夕に出来るものではないです。かなり前から綿密な準備が必要となります。診療や会議等他の多くの仕事を抱えている医師には容易ではない業務です。人によっては学会の司会を任されたり、パネルディスカッションに参加したりする事もあります。いずれの業務も事前の準備を丁寧に行わなければ、当日うまくいかない可能性が高いものばかりです。チームで研究成果の発表を行う場合もあります。状況によっては学会の良し悪しを決める事になる時もあります。当事者は日頃からより多くのコミュニケーションを取り、それが成功出来るように努力を継続する事が大切です。医療関係者だけではなく、より多くの人々に自分の意見や成果を伝える場です。そのため、相手により伝えたい部分を確実に伝える訓練を日頃から行っておいた方が良いです。そのために取れる時間は多くないですが、限りある時間の中でその場でベストを出す事が出来る準備だけは忘れてはいけないです。

重要な仕事の一つである学会

医師にとって普段の診療や研究の他に、定期的に行われる学会に参加することは大変重要な仕事です。学会では最新の論文を発表し、それぞれお互いに情報交換を行う重要な場所となります。自分が論文を発表する場合もあれば、経験が浅い医師の場合は先輩達の下準備なども引き受けることがあるため、その忙しさは大変ハードだといえるでしょう。週末の休日がつぶれることも多いため、体力的にも精神的にもタフでなければ勤まらないでしょう。自分が専門としている分野によって開催される頻度は異なるため、内科や外科などは特に忙しく、皮膚科や眼科などはそれほど目だってハードでは無いといえるでしょう。一流ホテルのような豪華な場所で行われる大掛りなものもあれば、県や市のホールで行う小規模なものもあるため、参加人数は会によって異なります。懇親会も同時に行われることもあるため、同業者との横のつながりを広められる貴重なチャンスだといえるでしょう。

↑PAGE TOP